借金を一つにまとめたい【少しでも返済を減らしたい方必見】

借金を1つにまとめたいと考えるなら、「少しでも早く一本化する」という点が重要です。
借金のおまとめは、いつでも好きなタイミングで申し込めますが、早ければ早いほど審査が有利になります。
毎月の返済に遅れが生じるようになってからでは、審査も厳しくなりますので、そうなる前に一本化してみてはいかがでしょうか。

 

借金を1つにまとめるときは、総量規制の基本と収入証明が必要になるタイミングを理解している必要があります。
おまとめできないカードローンに申し込んでも、限度額が少なく決まるか、審査に落ちてしまうだけなので注意してください。

 

まず、消費者金融のローンでまとめる方は、
 1.まとめる金額が年収の3分の1以下であること
 2.50万円超のおまとめで収入証明書が必要になること
の2つに注意してください。
消費者金融は、総量規制が影響していますので、自分の年収の3分の1を超える融資が禁止されています。
さらに、まとめる金額が50万円を超えているときに、源泉徴収票などの書類が必要になります。
希望額が多い方、収入証明書の用意に時間がある方は、規制がゆるい銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

 

なお、銀行カードローンでも収入証明書が必要になる場合があります。
バンクイックや新生銀行レイクのように「100万円まで収入証明書不要」という銀行もあれば、三井住友銀行のように「300万円まで不要」というものもあります。
まとめる金額が300万円以下なら書類なしでまとめられますので、収入証明書不要のサービスを選んでみてはいかがでしょうか。

 

また、カードローンのおまとめに「何かデメリットがあるのでは?」と不安に感じる方もいますが、デメリットになるようなことは1つもありません。
返済日を1回に減らすことができ、毎月の返済額も少なくできます。
返済額の総額も少なくなりますので、できるだけ早く現在の借金をまとめる金融機関を選ぶようにしましょう。

更新履歴